ベルブラン使い方

ベルブランはニキビが治った後のシミ対策として使用する美容液です。

ベルブランは「ブースター型導入液」と呼ばれ、通常の美容液と少し使い方が異なるのが特徴です。

この記事ではベルブランの正しい使い方と効果的な使い方を動画付きで紹介しています。

これを知らないと、

せっかく買ったのに全然効果がない!

といったことになるかもしれませんよ。

 

ベルブランの正しい使い方はとても簡単

ベルブラン「ブースター型導入液」と呼ばれ、通常の美容液と少し使い方が異なるのが特徴です。

使い方が難しいんじゃないの?
面倒で継続出来ないんじゃない?

と思われると思いますが、

ベルブランの使い方はとても簡単です。

ベルブランの使い方動画を用意しましたので、まずはこちらをごらんください。

次にベルブランの正しい使い方を詳しく紹介します。

1日1回の使用だけでOK

ベルブランは朝晩の1日2回使用するだけOKです。

step
1
洗顔で汚れを落とす

ベルブランを使用する上でまず大事なのが洗顔で汚れを落とすことです。

メイク汚れや皮脂汚れを落としていきましょう。

洗浄力が強すぎるものを使うと、逆にニキビが増える原因になりますので、肌に優しいタイプのクレイジングで落としましょう。

 

step
2
ベブブランを2~3プッシュし、浸透させる

洗顔後、ベルブランを2~3プッシュ分使用します。

ベルブランは伸びが良いので、2~3プッシュでも十分なお肌ケアが出来ます。

普段の化粧水や美容液を使用する前にベルブランを使用することが重要です。

ベルブランを先に使用することによって、化粧水や美容液の効果を最大限に引き出すことが期待できます。

 

step
3
化粧液や美容液でケア

ベルブランの使用後に化粧水や美容液でさらにケアしましょう。

 

step
4
乳液やクリームで保湿

最後に乳液やクリームで保湿する事もポイントです。

ベルブランや化粧水の成分の蒸発を防ぐことが出来ます。

ただ、ベルブランには油分が含まれていますので、脂性肌の方は薄く塗るようにしてみてください。

 

成功の秘訣は継続

ニキビ後へのアプローチは継続が大切です。

ベルブランは即効性の効果はありません

といよりも、ベルブラン以外でも即効性のある商品は発売されていません。

人間に肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)は、一般的に28日周期と言われているため、最低でも1ヶ月は継続しましょう。

実際に、

1週間で化粧ノリが良くなった
肌がパッと明るくなった気がする

といった肌への変化が感じれれた人は多いようです。

ですが一般的には

ニキビ跡の赤み・シミには3ヶ月~半年

クレーター肌には、半年~1年

といった期間継続することによって、ニキビへの効果に期待ができると思います。

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブラン 

 

知らないと損するベルブランの効果的な使い方

ベルブラン使い方

ベルブランの正しい使い方が理解できたら、ベルブランの効果的な使い方も覚えましょう。

これをすることによってベルブランの効果を最大限に発揮することが可能です。

 

コットンパックを使用

ベルブランコットンパックの使い方

肌荒れが酷い場合や、肌の調子が悪い場合は、コットンパックを使った使用方法がオススメです。

やり方はとても簡単です。

コットンに精製水を染み込ませた後にベルブランを染み込ませ、コットンを肌に乗せて3分放置します。

動画を用意したのでごらんください。

2~3日続けると肌荒れがマシになった

という声もありましたので、コットンパックを使用して効果的にベルブランを使ってみてください。

 

イオン導入で浸透させる

ベルブランイオン導入の使い方

ベルブランは無添加化粧品ですので、肌の奥(角層)まで浸透しても肌荒れを起こす心配が低いです。

ですので、イオン導入器やエレクトロポーション美顔器でベルブランを浸透させることが出来ます。

家庭用のイオン導入器を買う必要がありますが、持っていたらぜひ試してみてください。

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブラン

 

リプロスキンではなくベルブランを選ぶ理由

ベルブランかリプロスキン

あなたが、他の商品ではなくベルブランを選ぶ理由を紹介します。

ニキビ跡へアプローチする商品は少ないですが、ベルブランに似た商品として「リプロスキン」というものがあります。

ここではベルブランとリプロスキンでどちらを選ぶべきかを紹介します。

 

目的の違い

リプロスキン・・・お肌を保湿して柔らかくし、その後の化粧水の浸透を良くするといったスキンケア商品です。

ベルブラン・・・美白成分を保有しており、ニキビによるシミを防ぐ効果があります。

 

成分の違い

リプロスキン・・・ニキビを予防する、「グリチルリチン酸カリウム」は保有されていますが、ニキビ跡のシミが改善するような成分が見受けられません。

ベルブラン・・・お肌を保湿する成分はもちろん、「油溶性甘草エキス」がお肌の奥まで浸透する事で、より美容効果が期待できます。

 

ポイント

ベルブランには、ニキビで固まった肌を柔らかくする「油溶性甘草エキス」が配合されています。

油溶性甘草エキスが、お肌の馴染みを良くし、奥まで浸透する働きがあります。

成分が奥まで浸透する事で、ニキビ跡にダイレクトにアプローチができます。

 

ニキビ跡に効果の高い成分は以下の通りです。

  • 油溶性甘草エキス
  • トラネキサム酸
  • カモミラエキス
  • アルビニアカツマダイ種子エキス

これら成分はリプロスキンには含まれておらず、ベルブランでしか得られない成分です。

お肌を保湿する事で、ある程度のトラブルは回避できますが、出来てしまったニキビ跡を改善する事が出来るような成分は、リプロスキンには含まれていないようです。

 

よってニキビ跡に効果的なのはベルブランだと思います。

 

ベルブランの利用者の口コミによると、

ニキビ跡の赤み・シミには3ヶ月~半年

クレーター肌には、半年~1年

使うと、効果に期待が出来ると思います。

 

どちらも早く初めた分早く治ることが出来ます

後ででいいやと思いますか?

今日始めなかった為に、ニキビ跡がシミになるかもしれませんよ?

早く綺麗な肌になりたいですか?

いち早く綺麗な肌を手に入れたい方はベルブランをおすすめします。

Copyright© ベルブランの使い方|〇〇をしないと効果ない?【動画あり】 , 2018 All Rights Reserved.